B級のBはベースのB

ベース弾きによるエフェクターの個人的見解を述べるブログです。ど初心者ということは忘れずに・・・


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/2初売り結果報告

Category: エフェクター   Tags: ---
閲覧ありがとうございます。
さて、今年もBigBoss大先生の下に新年のご挨拶に行ってまいりました。

そして戦利品がこちらですね。
20120102-00
今年は福袋が無いという事前情報でしたが、何故か急遽行うということだったので、つられて買ってしまいました。
例年通り1万円+税でした。
よし、では結果報告。

まずはチューナーですね。
20120102-01
まぁピンクが似合わないけど、自宅にチューナーが無かったので重宝。
ソーラー充電式なので、電池も要らずに楽ちんです。
どれくらいの精度があるかはわからないですが、自分の耳よりかはいいと思うので自宅で使おうと思います。

電源です。
20120102-02
エキゾチックの電源。
これで俺の足元もエキゾチック、と思ったのですが、200mAしかないのでこれも自宅用ですね。
自宅で使用してるZOOMの電源よりかは安定してそうなのでチェンジですかね。

マーシャルTシャツ!
20120102-03
どこのスタッフでしょうか?
夏場、このTシャツ1枚でスタジオに入る勇気はありません。

フェンダーカレンダー
20120102-04
意外とおしゃれだけど、ベースが8月しかない。
最初のページはサンバーストのストラトとテレキャスだよ。
ここではアップしないけど、ネットをうろつけば見つかるでしょう。
ってか、俺フェンダー製品もって無いじゃん。。。

エリクサー手ぬぐい×2&クロス
20120102-05
柄は意外と好きなので、レモンオイルの刑には処さずに普通に手拭として使います。

モンスターパッチケーブル
20120102-06
0.75m、若干使いどころがあるかないか。
いまだにあけてない2年前の福袋の中のモンスターケーブルがあることをお忘れなく。

ストラップ×3
20120102-07
こんなにいらないwww

イヤホン型クリック
20120102-08
ドラムに差し上げようと思います。
在庫処理とか言わないように。

手鏡
20120102-09
コンタクトを取り外すときにでも使えばいいと思うよ。
もう持ってるけど・・・

以上



って、これで1万円はボッタクリじゃないか?と思ったそこのあなた、鋭いです。
じつは、これもあたりましたが、
日ごろお世話になっている大先輩に、少しばかりではありますが感謝を込めたプレゼントをしました。
誕生日も過ぎてはいますが近かったので、ここで恩を売っておいて損はなし!と踏んだわけですよ。
まぁ、その人もこのブログを見てることは気にしないです。

まぁ、これで1万円なら妥当っちゃ妥当で、在庫処理っちゃ在庫処理な品物でした。
それよりも、欲しかったのが


20120102-11
ワイヤレスシステム「G30」
広告にはG50と書かれていたのに、G30を販売していました。
イチャモンをつけるだけつけて、そのまま購入。
いやぁ、ほしかったんですよねぇ。
さらにベースがうろうろする気か、と突っ込まれそうで怖いです。

正直コードが邪魔に感じ始めて、ワイヤレスを購入仕様かどうかというところの渡りに船だったので、
そのまま購入という流れだったので、こちらとしてもドンピシャなタイミングですね。
どれくらい効くかは今度スタジオ行ったときに試してみようかなぁと。

あとはV-PICKをはじめて書いました。
ピック弾き矯正用として購入、どれくらい違いがあるかもレヴューしたいと思います。

それにしても恒例の飲み会が無いのは非常に残念でしたが、
お互いの健康のために今日はところはこのへんで。

それでは閲覧ありがとうございました。
前日の宣言どおり、明日は音源アップです。

HSW「FAB DRIVE」

Category: エフェクター   Tags: ---
閲覧ありがとうございます。
休日出勤しましたが、他に誰も社員が来なかったので早退して楽器屋めぐりでおなじみですが、
大須大親分とコメ兵のほうに寄ってきました。

まず、大親分では「ANTIQUITY」の相談をしてきました。
1と2の違いを懇切丁寧に教えてもらいました。
(大親分の常連として扱われてるんでしょうか?ベース1本とエフェクターちょこちょこしか購入してませんが・・・)
とりあえず、どちらかが60年代、もう一方が70年代のサウンドみたいで、どちらがどちらかを忘れました。
多分2のほうが新しいと思うので、70年代にしておきます。
1が搭載されているNavigatorを弾かせてもらいましたが、非常にねばりっこくtheジャズベといった音でした。
たぶん、普通に弾いてる限りではこれくらいの滑らかさというか艶やかさというか、
アイスで言うところのハーゲンダッツというか、こういったとろーりな音が普通なんでしょうね。
これにアクティブ回路をつけるのは非常に面白そうではありますが、セレブなお買い物になりそうなので、財布と要相談ということで。

続いてコメ兵。
サイトにもある「FAB DRIVE」を弾いてきました。
弾くのに30分待たされましたが、待ってる間にストラップを凝視していたのでそんなに待ち時間は感じませんでした。

それにしてもストラップ選びって結構雑であり重要な気がしますね。
自分は過去、ストラップとピンをつなぐ穴の部分が2回もちぎれたことがあるので、デザインよりも剛性重視で選んでいましたが、
ちょっとくらいシャレオツなストラップつけてみたいじゃないですか。
いろいろ選びはしたんですが、革はなんかあれだし、模様は模様でなんかあれだし、無地はもってのほかだし。
結局保留なので、誰かに選んで欲しいものですね。

話はそれましたが、「FAB DRIVE」
TS系のオーバードライブなはずです。
すごく効きのいいMARのような印象でした。
左から「Vol」「Drive」「Tone」のようでしたが、(間違ってたら指摘してください)
NARのように、Driveあげて輪郭がぼやけるようなことは無く、
透き通ったFuzzに近いイメージでした。
ちょっとボリュームを開いて歪みブースターにしてスラップ・力強いピック弾き、なんてのも今のロックシーンではぜんぜんありですね。
持っているopalcrafts Debunkerも、そんな使い方をしてるので、少ししか弾いてませんが楽しいエフェクターでした。
2万を切っていれば買ったでしょうが、その価格帯なら誰でも(特にギタリストが)買うかなぁと。

余談ですが、
店の価格が¥34800だった気がしますが、たぶん気のせいだと思います。
値段さえ合えばすぐにでも買いたい!って思えるエフェクターでした。
まだまだ知識が無いので、多分この価格帯を調べるといいのもたくさん出てくるだろうと思われます。
調べなきゃ、自分。

とりあえず今回はこんな感じ。
それでは閲覧ありがとうございました。

初めてのエフェクター その2

Category: エフェクター   Tags: ---
閲覧ありがとうございます。

さて、先日までの課題はいかがでしょうか?
自分ならこう答えますね。
「亀田誠治のサウンドが欲しいならば、まずはブリブリの音にすること。そのためにはBassとHighで音を作るよりも、Midを出しつつ前に出るアンプセッティングをする必要があります。さらに、FUZZテイストの音を加えるときに、減圧が避けられないのでブレンダー等を使ってみてはどうでしょうか?オススメはCrewsのDPA-2Bかな。」
ここまで即答できたら楽器屋の店員になったほうがいいですね。
「とりあえずVoodooのやつ2つつけとけ」といったあなたは情報に踊らされすぎです。
自分の解答がドンピシャで合ってるとは思えませんが、一律の模範解答よりかはいい感じではないでしょうか。
自分なりにまとめた考えと照らし合わせてみてください。

とりあえず、出てきた
Crews maniac sound DPA-2B
VooDoo Bass
Voodoo Bass Limited Edition
この3つのエフェクターについて、簡単なレヴューを。

まず、DPA-2Bですが、これはもってます。
今の設定は
[Bass]->[DPA-2B]->[other effects]->[amp]
      (tuner out)->[Tuner]
       (loop out)->[CryBaby 105Q]->(DPA-2B loopin)
こんな感じです。
DPA-2Bの特徴は、フットスイッチの個数でもわかるように
・ブレンダー
・イコライザー
・ミュート機能
この3つです。なので、これのどれかだけでいいのであれば、個々のエフェクターを買ったほうが安いです。ブレンダーであればMosquite Blender等もありますしね。
大きさもさして小さいわけではないので、「この3つの効果がどうしても欲しい」という人のみに進めれますね。
もしくは「1回何らかの回路を通してノイズ低減をしたい」なんて人もいるならそういうのもありかもしれませんがそういう人はまれかと思います。
後はおまけで「2in1out」になっているので、複数のベースを持ち替えてプレイ、という人もまれかと思います。
とりあえず、安物でもないので、持っておいたほうがいいともいえないエフェクターかもしれません。

次に
「VooDoo Bass」と「VooDoo Bass Limited edition」です。
これはもってません。
試奏しました。
違いといえば、普通のほうは普通で、Limited Editionはソロ向きな感じがしました。
調整幅が大きいのは普通のほうで、Limited Editionはほぼ音が固定で遊びが無いイメージです。
感想は「使い勝手が悪すぎる」エフェクターです。
当然、FUZZなので、音圧が減少し、低音域もカットされますが、
これをバックに弾かれたら、聞こえないし、なんかもうあーーーー!ってなりました。
とうぜん、アンサンブルではなく、ソロとして弾くのであれば使えなくはないですが、価格帯的にはもう少し選べる遊べる機種もありそうかなぁと。
少なくとも、(みんなが口をすっぱくして言いますが)亀田誠治の音にはならないので、通販で「これで君も亀田誠治」みたいな文句にだまされないでください。多分「あーーーー!」ってなります。


記事と合わせるわけではないですが、
ブレンダーを使って、原音ミックスしてさらに何かしらでブースとさせてやってファットな音にすると、亀田誠治のようにはなりませんが、そこそこ使えるものになりそうな気がします。

結局、足元をいじくる前に根本のInputとOutputの違いがありそうですが、伏せて起きます。


閲覧ありがとうございました。
次はちょっと低価格帯のものをレビューしたいと思います。

初めてのエフェクター

Category: エフェクター   Tags: ---
閲覧ありがとうございます。

今回はど素人さん必見、初めて買うエフェクターです。
いや、違う。
女の子「すみません、ベースのブログやってる人ですよね?私もベースやってます。けど、エフェクターのことぜんぜんわからなくて・・・」
と、楽器屋さんで言われても即座に対応できるようにするための予行練習です。

余談はともかく、
エフェクターのかけ方は2種類で
①ある時間だけかける
②常にかけっぱ
大きく分けるとこれだけです。

次に
(A)○○と同じ音にしたい
(B)自分の好きな音にしたい
これを把握すること。

ということは、大体4種類くらいの楽器屋さんシミュレートでいいということになります。

まず、①(A)の場合ですが、
スコアや雑誌を読んでください、そしてそれと同じ機材を買ってください。
そうとしか答えられません。
なので、そういう人に対しては一緒に本屋に行って、それを片手に喫茶店でお茶でも飲みましょう。

次に②(A)の場合ですが、
これはさらに大変、エフェクターだけでなく、本体やアンプをそろえてくれとしかいえません。
加えて弾き方によるニュアンスも大きな影響の一つになるので、そんな人はほうっておきましょう。
強いてあげるなら、「現在所有している楽器とその音との相性」くらい言えれば満点に近いと思います。
有名どころのべーしすとがもってる楽器がどのメーカーのどのようなタイプのベースかがわかれば、
会話も弾むことでしょう。
「東京事変の亀田みたいな音にするなら・・・」
よし、これを今週末の宿題としますので、来週月曜日に先生に答えを提出すること。
ただし、「ビンテージフェンダー」と「ブードゥー」という言葉は使用しないこと。

ということで、自分も考えるのでまた次回。
この続きもお伝えしようと思います。

閲覧ありがとうございました。

Maestro Antique Revised

Category: エフェクター   Tags: ---
閲覧ありがとうございます。
前々から書こう書こうと思っていましたが、ついに書きます。

ギタリスト御用達
「Maestro Antique Revised」

まず、ベースでギター用のエフェクターを使う際は
・お店にあるものは必ずお店の人に「ベースで弾いてもいいですか?」と確認を録りましょう。
エフェクターだけでなく、アンプ等の破損の可能性も無いとは言い切れません。
・買ってからは勝手です。駄洒落じゃありません。存分に使って壊すのもよいでしょう。

ということで、いろいろ感想を。

①音色
ピック弾きをすると非常に心地のよいひずみ方をしてくれます。
なにより、トレブルの上がる部分が秀逸なのでしょうか。
ドライブを0にして、ブースターとして使ってもベースならソロに使っても、スラップに使っても面白いです。
一言で言うなら「上品」というのが適切かどうかはわかりませんが、
(ゆがみなのでそういう表現もどうかとは思いますが)非常にさらりとしていてよいです。

②バンドアンサンブル
結論から言わせてもらうと
非常に悪い!!!
ここら辺はビシッと言っておかないと。
音はよろしいです。なんとも高級感があります。
ただ、バンドアンサンブルで用いると

エフェクトを踏む
→ギターの歪み域とかぶって聞こえない
 →ボリュームツマミを開く
  →まだ聞こえない、イコライザでブースト
   →ベースの音しか聞こえない、アンサンブルぶち壊し、独特の音色も崩れる

といったようになりました。
ギター用のエフェクターなんでしょうがない、と割り切ればそれまでですが、
全国に散らばるこのサイトの閲覧者のために、少し考えます。

まず、音色はよいです。
BOSSやSANSといったベーシストが欲しがるだろう音域に無い音をくれるので、
非常に独創性の高い音になります。
(この記事をきっかけに、ベーシストのボードの中にエメラルドのラメの筐体が入ってたら・・・んなことぁない)
ただ、やはりドライブに関してはどんなエフェクターでもそうですが、完全なソロにならない限り
歪ませた音はギタリストにはかないませんし、ボーカルにもかき消される可能性が高いです。

ドライブ0でHighブースターとして扱うのももったいないので、ドライブをチョコチョコあげていくことに。
目指すは「Bassが損なわれずに」「若干Drive気味」です。

自分は大体指弾きです。
指弾きでのアタック感を出すために、アクティブサーキットのHighはいつでも全開です。というより、全部フルテンです。
指でエフェクトを書けながらドライブをあげていくと、「かかったかな」と思ったときには
ツマミは結構開いた状態になり、音も低音域がつぶれてしまっている状況です。
早急な結論かもしれませんが、指弾きでの歪み使用は自分には難しいかなぁ。というのが感想です。
ただし、スラップや12Fくらいでのソロに関しては十分に効果が発揮できそうです。

では、次にピック弾きです。
あまり試していませんでしたが、これはよかった。
ツマミとしてはVol:11時 Tone:3時 Drive:9時
「エフェクトなし」「エフェクトあり」で聞き比べてみてください。
へたくそでしょう?
先ほどの目標である、低音域がほとんど損なわれていない状態かつ、ピックならではのゴリッと感を歪みに置き換えたことで
通常の間奏リフにも使える音になったかと思います。

結論として、
アタックを強くしてベース自体のHigh成分を伝えることで、そこをなだらかに歪ませる。
そうすると上品且つアグレッシブな音になるのではないでしょうか。
上品且つアグレッシブって創造したら韓流の男性タレントみたいでなんか表現が間違ってそうですが、しょうがない。

ひとつだけ不安要素があるとすると、
Driveかけすぎ注意と、ツマミが本当にVol、Tone、Driveでいいのかどうかです。
指摘があればまたコメントにでも。

簡潔でしたが、この辺で。
閲覧ありがとうございました。

[追記]
リンク先が間違っていたので、修正しました。

プロフィール

NOVAbassblog

Author:NOVAbassblog
名古屋のバンド「response」にてベース担当しております。

2/1 Liveやります。at studio246
Ustreamするかもしないかも

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
来訪者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
7102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
440位
アクセスランキングを見る>>
twitter表示プラグイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。