B級のBはベースのB

ベース弾きによるエフェクターの個人的見解を述べるブログです。ど初心者ということは忘れずに・・・


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SANS AMP BASS DRIVER DI(その2)

Category: エフェクター   Tags: ---
みんな大好きサンズアンプの第2回です。
いつの間にかブログランキングから圏外になっていましたが、気にせず自分らしく2回目。

昨日の音源2種をスペクトル分析にかけました。
(スペクトル分析って言うと高校物理を思い出すのは気のせいだろうか・・・)

エフェクトオフ画像
↑エフェクトOFFのスペクトル分析

エフェクトオン画像
↑エフェクトONのスペクトル分析

ん、そんなに変化がないぞ。
というよりも、40Hz~100Hz帯が大きすぎて測定できてない。
強いてこれだけの画像で何かいえるとするなら、
ドンシャリとまではいかないけど、中域がカットされたかな、といった感じでしょうか。

しかしながら、ノブが6つもあるエフェクターです。
とりあえず取説を読みましょうw
探していたらさすがサウンドハウス
このブログ主の知識は相当浅いことがばればれでしょうが、気にせずこの取説を読み解きましょう。

6種類のノブについて(左上から右へ順に)
・LEVEL
・BLEND
・TREBLE
・BASS
・DRIVE
・PRESENCE(これだけ下段)
使ってきて数年、あることに気づきました。
『Midがない・・・』
まさに今更です。
ということは、基本的にこのエフェクターの効果として
「ドンシャリにする」というのがメインでしょう、というとそうではないみたいです。

まず、一つ一つのノブの役割について確かめましょう。
順番は説明しやすいように変えていきます。
・LEVEL
言うまでもなく、音量調整用
・TREBLE
実音であるところの「高域」部分の調整用
・BASS
実音であるところの「低域」部分の調整用
・DRIVE
歪みの量の調整用
・PRESENCE
実音ではない「アタッキー」な部分の調整用
・BLEND
「DRIVE」と「PRESENCE」をどの程度かけるか
特殊なのは「BLEND」が「DRIVE」と「PRESENCE」にしかかからず、
「TREBLE」と「BASS」には影響がない、というところです。

先ほどの説明書には「BLENDはMAXが当然でしょ?」というアメリカンジョークテイストが入り混じって見えますが、
ここは少し別なアプローチをしてみましょう。

LEVEL、TREBLE、BASSを12時、ほかをminにします。
こうするとバッファ音とエフェクト音の差がなくなります。参考
では、続いて、「DRIVE」と「PRESENCE」をminのまま、「BLEND」をあげます。
説明にあるとおり、これをあげても「DRIVE」と「PRESENCE」両方がminなので、エフェクトに変化はありません。(省略)
ここで疑問が出ました。
「BLEND」Max、「DRIVE」12時と「DRIVE」Max、「BLEND」12時。音は違うのでしょうか?

DRIVE最大時BLEND最大時でこれだけ音質が異なります。

いろいろいじくってみましたが、
異なる「BLEND」で同じくらい歪ませるという設定は難しいみたいです。
この理由としてはおそらく「BLEND」がほかのエフェクターで言う「Mix」のような役割を果たしていて、
「BLEND」を高くすれば高くするほど、低音域の介するバッファを通りにくくなり、低音が出にくくなるようだ。


まとめとして、
サンズアンプは2つのバッファを通り、ひとつはナチュラルな低音域、もうひとつは飛び道具的な歪み。
これを「BLEND」にてその割合を調整することで、自分好みの音にしやすくなる。
そういうエフェクターであるということがわかりましたね。
このように、使いこなせれば、どのようなベースでも同じような音色にすることが可能かもしれません。

次回は「PRESENCE」についてもう少し調べてみたいと思います。
閲覧ありがとうございました。
次回もご期待ください!
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

プロフィール

NOVAbassblog

Author:NOVAbassblog
名古屋のバンド「response」にてベース担当しております。

2/1 Liveやります。at studio246
Ustreamするかもしないかも

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
来訪者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
6070位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
403位
アクセスランキングを見る>>
twitter表示プラグイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。